大翔会美術連盟概要


大翔会美術連盟は、最も民主的な美術団体で、

次に掲げる設立の趣旨に沿って、プロもアマチュアも

全て同格であり、お互いに助けあって研鑽を深めていく団体である。




大翔会美術連盟の主旨

われわれは高邁な精神を堅持し、たとえ筆技は拙くとも、

あくまでも自己に忠実に研鑽を重ね、健全な技術を培っていきます。

われわれの仕事が汚濁した現代風潮への一服の清涼剤となれば幸甚です。




大翔会美術連盟の特色

@大翔会(たいしょうかい)は組織の上では、役員・会員と別れてはいますが、すべて会員として

  同格であり、高慢、強欲の気持ちを捨てて謙虚感謝の心でお互いに助けあい研鑽を深めています。

A大翔会の
公募展への出品作品は、誰でも気軽に絵筆を持ち描いた作品を気軽に応募できるよう

  8号以上50号どまりとし、意味のない大作はやめ、心の籠もった内容の深い作品を

  目指しています。

B高齢化社会となってきた昨今のご時世に沿って生きがいとなるように目的をもった楽しめる

  生涯活動を目指しています。

  そして初めての方でも気楽に応募できるよう広く門戸を開いています。